20060623
循環器科
ホルター心電図による検査
 循環器科では、狭心症、心筋梗塞、心不全、弁膜症、心筋症、不整脈、高血圧、高脂血症、大動脈瘤、閉塞性動脈硬化など、心臓や血管の病気を対象に診療しています。
 主な検査としては胸部レントゲン検査、心電図検査、ホルター心電図(24時間連続記録心電図)、超音波検査、脈波図、CT検査などで、軽症の場合は外来通院(薬物治療、生活指導、食事療法など)が基本となりますが、症状が重い場合などは入院治療となります。
 入院された場合、病状により異なりますが点滴、静脈注射、内服治療などを行っております。