20060820
整形外科
整形外科では、ひとが動くために必要な運動器系(骨・軟骨・関節・筋肉・腱・靭帯及び脊髄・神経など)の病気やケガ、故障の診断・治療を行ってっております。
上伊那地域は、特に高齢者の占める割合が多く、骨粗鬆症や変形性関節症などの慢性疾患や、腰椎圧迫骨折や大腿骨頚部骨折など高齢者特有の外傷も多く診察しております。
また運動機能の障害だけではなく、捻挫、打撲、切り傷、刺し傷、腰痛、肩こり、首の痛み、手足のしびれ、関節痛、神経痛、やけどなど痛みを主とする疾患の治療も行っています。
当院では「単に病気やケガを治す」というだけではなく、リハビリテーション科と連携し支障をきたした運動機能を本来の状態に回復させることを目的としています。万が一運動機能の回復が十分に得られなかったとしても、残った機能を最大限活用することによって日常生活活動が可能になるように全力を尽くしています。