20060622
医療法人 暁会 仁愛病院
院長 小松大介(こまつだいすけ)
『仁愛』の名にふさわしい医療を目指します
仁愛病院 院長 小松大介
【ごあいさつ】
 仁愛病院は黒田孝井名誉院長の礎の基、1998年から4回の拡充増床を行い、一般病床、介護・療養病床の198床を有しております。それ以来、診療科目の充実、医療機器の更新、また緊急時の対応等、地域に根ざした医療体制の確立を進めてまいりました。上伊那の医療圏において、診療所・病院と密接な連携を図りつつ、各種専門医による最新の医学知見の提供、今後急速に進む高齢化社会への対応に取り組み、地域医療に貢献してまいります。
 当病院名『仁愛』の由来となっている黒田名誉院長の理念「めぐみ慈しむこと」を継承し、訪れる患者様やご家族の方々が慈愛と安心を感じて下さるような、医療の提供を目指し、より一層研鑽・努力してゆく所存で
ございます。

【学歴】
平成4年3月20日  長野県立松本深志高等学校卒業
平成5年4月1日  秋田大学医学部医学科入学
平成11年3月20日 同上卒業
平成17年4月1日  信州大学院医学研究科入学
平成21年3月31日 同上修了 博士号取得

【所属学会】
日本外科学会(指導医・専門医)
日本消化器内視鏡学会(専門医)
日本消化器病学会(専門医)
日本消化器外科学会(指導医・専門医)
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)